2020年07月31日

カルテと開示請求 第12回 各論(2) 医師の説明・立ち会いが必須であると言われた場合

 今回は各論の2回目として、カルテ開示に際して医師の説明・立ち会いを必須とすることの是非について解説します。前回同様、過去の記事をお読み下さった方には重複する内容となってしまいますがご容赦下さい。

 結論から言えば、2020年現在では医師の立ち会い・説明を必須とすることは不当と考えられます。
 2018年7月20日の厚生労働省通達「診療情報の提供等に関する指針について(周知)」(医政医発0720第2号)にて、
「医師の立ち会いを必須とすることは、患者が診療記録の開示を受ける機会を不当に制限するおそれがあるため、不適切であること」
 との見解が示されているためです。


 特に、医師の立ち会いを理由として、開示の方法や閲覧の時間を制限したり、立ち会いにかかる人件費相当額を「費用」に含めているような場合は患者の閲覧を受ける権利を制限していると認められるものと思われます。

 無論、カルテの記載内容の確認や医学的事項の理解のために必要であるなら、患者の側から医師の立ち会いを求めることは否定されるべきではないでしょう。しかし、対価を支払い診療録の開示と併せて詳細な解説を受けるか、あるいは医学的事項につき独自の調査等の負担が生じたとしても一旦比較的低廉な支出にて診療録の開示をうけるかの選択は患者に委ねられるべきといえます。


 以下は若干実定法の範囲を超えた私見となりますが、個人情報保護法の理念は個人の自己コントロール権の実現にあり、本来個人(本人)に属する情報の本人による管理を実現するのが開示請求権であり、訂正請求権であるわけです。そうだとすると、個人情報の開示請求に際し、理由を尋ねたり、その他の負担を課したりすることは不当といえるでしょう。

参考

厚生労働省「診療情報の提供に関する指針」
 https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00tb3403&dataType=1&pageNo=1
厚生労働省「診療情報の提供等に関する指針について(周知)」
 https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00tc3511&dataType=1&pageNo=1
posted by KINO Ryosuke at 09:00| Comment(0) | 個人情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: